大切な家を守るために

防犯対策できていますか

メンズ

近年、様々な場面で防犯を意識した商品が販売されています。たとえば窓から侵入されないためのグッズや鍵を開けられないための鍵交換などです。中でも、玉砂利は防犯に有効であることが知られています。空き巣や泥棒などの侵入者は極端に音をたてることを嫌います。音をたてることで、侵入しようとしていることが周囲に気づかれたりするからです。実は玉砂利を踏む音は、電話のベル音や掃除機と同等の音量であるので、結構大きな音がたちます。そのため「防犯砂利」という防犯を目的とした玉砂利も販売されており、大きな音で侵入者を敷地内に入れない効果があります。また空き巣や泥棒は、おおかた庭や裏口から侵入します。侵入経路に玉砂利を敷くことにより、防犯に役立ちます。また玉砂利の価格は、20キログラムでおよそ2000円〜2500円ほどです。玉砂利の種類によっては高価なものもあります。さらに敷く厚さが薄いと音の効果が半減するため、4〜5センチとしっかりと敷く必要があります。1平方メートルあたり、約100キログラム必要としますので、トータルすると費用面では結構かかるといえます。加えて玉砂利はただ敷くのではなく、その前に雑草を取り除いたり、除草シートを敷き、その上に玉砂利を敷き詰めます。さらに敷く範囲が広いと作業も大変になるので、まずは空き巣の侵入経路を考慮し、場所を決めて敷くことをおすすめします。また玉砂利を敷くことで、雑草が生えにくく、すっきりした外観になり、見通しが良くなることで不審者が周囲から目につきやすいことで防犯の抑止につながります。庭がきれいに整い、防犯にも役立つ玉砂利は、まさに一石二鳥の防犯対策です。

外観と景観にあわせて選択

作業員

最近の防犯意識の高まりから、防犯グッズのなかでも防犯用の玉砂利が注目されています。現在では、ガーデニング人気と相まって、家の外観にあった玉砂利を敷き詰める方が増えています。また、ホームセンターなどで、軽石タイプ以外の素材や色が豊富に販売されるようになったことも人気に拍車をかけています。もともと、防犯用の玉砂利は、通常よりも石の粒が大きく人が歩くと、石と石が擦れて大きな音をたてることで、不審者の侵入を防ぐ効果があります。その歴史は古く、ヨーロッパの城の回りに割れた煉瓦を敷き詰めることから始まったとされています。このように、玉砂利を敷き詰めることは先人の知恵であり、防犯対策として手軽に行える上に非常に効果的です。防犯用の玉砂利は、一般的にはガラスを高温で溶かしたものです。また、形や大きさ、色など様々ありますので、家の外観や庭の景観にあったものを選ぶことが大切です。使用する量は、1平方メートル当たり40リットルから60リットル位を敷くと高さ4センチ位になります。また、使用量を概算で計算してから、一度に必要量を購入することが大切です。途中で足りなくなると防犯効果が下がりますし、品切していると途中から色目が変わってしまいます。玉砂利を敷き詰める上でもっとも大切なのは、事前に除草対策をすることです。まずは、雑草を取り除いた上で除草剤を撒きます。その後に、防草シートを弛みがないように敷きます。最後に、玉砂利を地上3センチから5センチ程度に敷き詰めます。人の出入りが多い場所は、高く敷くことがポイントです。

様々な用途に使用できる

砂利

自宅の外構工事を依頼しようと思ってたけど、予算オーバーで諦めたという方も多いのではないでしょうか。しかし、土がむき出しの庭は、見た目の印象もあまり良くないですし、風が強い日には土ぼこりが舞い上がって洗濯物を汚してしまうこともあります。その対策として芝生を庭に敷き詰めても良いのですが、芝生は水やりと芝刈りのメンテナンスが必要です。しかし、できるだけ手間と費用をかけずに、見た目が良い庭にしたい方には、玉砂利がおススメです。玉砂利は、土ぼこりの飛び散りをおさえ、芝生のようなメンテナンスの必要もありません。玉砂利を敷くための特別な技術や知識も要らず、誰でも敷くことができます。しかも、町のホームセンターに行けば売っていますので、いつでも買いに行けます。また、玉砂利には雑草対策としても使えます。雑草の成長には太陽が必要ですが、玉砂利で光が遮られてしまい生えにくくなるというわけです。更に、玉砂利には防犯対策という嬉しい効果もあります。玉砂利は踏まれると、石がぶつかり合ってザクザクという音を出します。この音で庭に誰かがいることが分かるため、防犯予防になるのです。最近は、防犯用に開発された玉砂利も販売されており、防犯グッズの1つとして人気があります。中でも、防犯用のものは、踏まれたときに出る音も大きく、非常に軽いので一人暮らしの女性やお年寄り世帯でも簡単に敷くことができます。玉砂利は防犯カメラのような設備工事や定期的なメンテナンスも必要もなく、購入費用もわずかなものです。また、玉砂利は、色や形、大きさの種類が豊富なので、庭のイメージに合うものを選ぶことができます。庭のデザインにこだわり方、自分では難しい方はプロに相談して施工して貰いましょう。